登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

大菩薩嶺 8708

大菩薩嶺 - 大菩薩嶺

大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057 mの山である。深田久弥の日本百名山には「大菩薩岳」の項で取り上げられている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・大菩薩嶺のまとめ集

大菩薩嶺の関連ブログ記事

3日前
百名山
・・・ぐ小屋 コースはゆるゆるだけど 強者揃いで速い ハァハァした先には 雷岩 険しいところを、、、 を、雰囲気を出してみただけ ピークへ 雷岩から少し登ったら 百名山 大菩薩嶺 伊豆につづき ま..
4日前
サイクリング around 山梨☆
昨日の結婚披露宴で飲んだワインが美味しくて、天気予報で晴れマークもついてる!ってことで、自転車持って甲斐大和まで。 本当は大菩薩嶺に登山×自転車を目論んだけど、乗りたい電車に乗りそびれ…コース変更。 ..
1週前
自分名山
・・・は難しいけど 「伽羅30名山」が妥当かしら? まだ、30もの山は登ってないけど、 ぱっと思いつく印象深い山は… ・高尾山(東京) ・二子山(埼玉) ・滝子山(山梨) ・大菩薩嶺(山梨) ・雲取山..
1週前
大菩薩嶺
1週間前になりますが 6月3日(日) 山梨の大菩薩嶺に行ってきました この山の魅力は富士山や南アルプスを眺めながらの稜線歩き しかし 人気がある為 混雑しているようです 人混みが嫌いな自分は 事前に人..
1週前
大菩薩嶺
山に登ってきました。 目指すは、山梨県の大菩薩嶺。 新宿から中央道で山梨に向かいます。 談合坂SAでトイレ休憩。 談合坂あんパンを買って、食べながら登山口まで向かいます。 登山道の入口。上..
2週前
日本百名山踏破一覧表
・・・ 1723m 2012年11月24日 15 82 49 雲取山 2017m 2013年11月 2日 35 62 50 大菩薩嶺 2057m ..
2週前
大菩薩嶺
・・・ いいね!! ありがとう いいね欄 閉じようかとも思いましたが やはり寂しい~~ ので 開けておきますえへへ 読まずに いいねでも うれしいです 6月3日(日) 山梨 大菩薩嶺 行って来ました ..

大菩薩嶺の関連動画

2018/06/17
大菩薩嶺 雲
2018/06/15
2018・6・13大菩薩嶺
2018/06/15
【車載】山梨県道201号塩山停車場大菩薩嶺
2018/06/10
大菩薩嶺 2018.06.09
2018/06/10
大菩薩嶺ハイキング ClubPrad

大菩薩嶺のQ&A

11ヶ月前
関東甲信越、おススメの山。
関東甲信越と言っても、福島や岐阜位も行動範囲で考えております。 8月初旬、アクセスは車、ふもとの温泉に宿泊してハイキング、日帰り登山するのにおすすめの山をご紹介いただけます...
11ヶ月前
富士大菩薩
請推薦相關的資訊書籍,謝謝
2年前
東京から電車で日帰りアクセス可能な岩場歩きの経験を積める山
先日、八ヶ岳の赤岳→硫黄岳の周回を小屋1泊で行ってきました。 赤岳頂上への岩場(文三郎尾根の後半)、赤岳→横岳への岩稜がとても楽しかったのですが 東京から(出来れば日帰りアクセ...
3年前
初心者でもいける6月の山
北、中央、南アルプスあたりで標高が2000m以上で見所がたくさんあって初心者でも登って楽しい山ってこれ以外にありますか? 大菩薩嶺 日光白根山(栃木県日光市) 金峰山 (山梨県・長野県の2...
4年前
富士山撮影のマル秘スポット教えてください
マル秘スポットだけに教えてもらうのはむずかしいかもしれませんが、ほとんど人が知らない「まさかこんな場所が」という所が知りたいのです。 話が前後してしまいますが、当方55歳、今...
6年前
次に登れそうな候補を教えてください。
近年山ガールとか、女性にも登山が人気らしく、TVや雑誌でも目にするようになりました。 運動神経が鈍い人でも、50代でも60代でもはじめられると読んで、私でも行けるのかしらと、情報...
6年前
南アルプス山頂からの眺めは?
本日、埼玉の川越の荒川河川敷からは、山がきれいに見えました。 いつもなら、雪のない秩父の山が見えていて、天気がよければ、さらにその向こうに屏風のように雪の山が見えます。 と...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク