登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

大菩薩嶺 8708

大菩薩嶺 - 大菩薩嶺

大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057mの山である。深田久弥の日本百名山には「大菩薩岳」の項で取り上げられている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・大菩薩嶺のまとめ集

Twitter (#大菩薩嶺)

1時間前

@Ninja1000Red

先日5月20日のハイライトを忘れてたー🤣 - 彼方に望むは大菩薩嶺ナリ👍️✨ - #山梨県甲州市塩山下粟生野 #塩山 #山王権現社 #山王宮 #神社 #神道 #ShintoShrine #Kawasaki #Ninja1000… twitter.com/i/web/status/1…
1時間前

@oookyooo

GW中にソロで行く山を考えてるんだけど、大菩薩嶺いいかも。
17時間前

@sjvLKqsKFlnGblt

2年前のちょうど今頃、初めて百名山の大菩薩嶺に登って感動して、思わず暖簾を買ってしまった そこからだんだんと登山にハマっていった
24時間前

@tungtrache

@FlameAngel_ ぜひぜひ 予定では大菩薩嶺と陣馬山と雲取山のつもりでいる
1日前

@syarorize1

GW とりあえずやりたい事 山桜と天の川 藤の花の撮影 西沢渓谷でシャクナゲ咲いていれば撮影 富士五湖周辺でキャンプしながら富士山と天の川撮影 山奥の温泉で月明かりで一風呂したい 大菩薩嶺 霧ヶ峰 三つ峠辺りで登山 幾つやれるかな?
1日前

@kotatsumuri39

@a18237374 使ったことあるのは子の権現~伊豆ヶ岳~正丸峠、筑波山の白雲橋コース、2月の鍋割山、3月中旬の大菩薩嶺、3月の大山でしたがこのレベルの斜面なら不安になることなくいけました
1日前

@toba966

@saitama_km117 @gifuaa365 @NaganoDF73 @naganoAF45 @matumotoHN50 ちなみに、そのためにMG585局さんには大菩薩峠ではなく、大菩薩嶺での運用をリクエスト中です。🤣

大菩薩嶺の関連動画

2019/04/11
冬期・大菩薩嶺登山口 丸川峠分岐駐車場@山梨県甲州市
2019/04/09
残雪の大菩薩嶺へ2019【後編】@山梨県甲州市
2019/04/09
日本百名山 大菩薩嶺の山開き|04月09日 山梨県のニュース
2019/04/08
日本百名山・残雪の大菩薩嶺へ2019【前編】@山梨県甲州市
2019/04/06
大菩薩嶺【後半】「ボトルのひとり岳」vol.10

大菩薩嶺のQ&A

2年前
関東甲信越、おススメの山。
関東甲信越と言っても、福島や岐阜位も行動範囲で考えております。 8月初旬、アクセスは車、ふもとの温泉に宿泊してハイキング、日帰り登山するのにおすすめの山をご紹介いただけます...
2年前
富士大菩薩
請推薦相關的資訊書籍,謝謝
3年前
東京から電車で日帰りアクセス可能な岩場歩きの経験を積める山
先日、八ヶ岳の赤岳→硫黄岳の周回を小屋1泊で行ってきました。 赤岳頂上への岩場(文三郎尾根の後半)、赤岳→横岳への岩稜がとても楽しかったのですが 東京から(出来れば日帰りアクセ...
4年前
初心者でもいける6月の山
北、中央、南アルプスあたりで標高が2000m以上で見所がたくさんあって初心者でも登って楽しい山ってこれ以外にありますか? 大菩薩嶺 日光白根山(栃木県日光市) 金峰山 (山梨県・長野県の2...
5年前
富士山撮影のマル秘スポット教えてください
マル秘スポットだけに教えてもらうのはむずかしいかもしれませんが、ほとんど人が知らない「まさかこんな場所が」という所が知りたいのです。 話が前後してしまいますが、当方55歳、今...
7年前
次に登れそうな候補を教えてください。
近年山ガールとか、女性にも登山が人気らしく、TVや雑誌でも目にするようになりました。 運動神経が鈍い人でも、50代でも60代でもはじめられると読んで、私でも行けるのかしらと、情報...
7年前
南アルプス山頂からの眺めは?
本日、埼玉の川越の荒川河川敷からは、山がきれいに見えました。 いつもなら、雪のない秩父の山が見えていて、天気がよければ、さらにその向こうに屏風のように雪の山が見えます。 と...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

狩猟、信仰、戦争などのための登山が古来から行われてきており、測量や研究のために山に登ることもある。それらと異なり、山に登ることそのものを目的とする登山とその思想(英: alpinism, アルピニズム, 近代登山)が18世紀後半のヨーロッパで始まった。この意味での登山はスポーツの一種とされる。

日本では戦後に登山者が増加した。高年齢の登山者や女性も多くなり、登山は野外スポーツとして定着しているとされるが、遭難の続発は社会問題となっている。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク