登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

男体山 8712

男体山 - 男体山

男体山(なんたいさん)は栃木県日光市にある標高2,486mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。日光二荒山神社の境内地で冬季入山禁止(霊峰男体山の登拝期間は、毎年5月5日から10月25日まで)。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・男体山のまとめ集

Twitter (#男体山)

2時間前

@butsuzobot

中禅寺立木観音:784年、日光開山の勝道上人により創建。日光山輪王寺(世界遺産)の別院。桂の立木を勝道上人が手刻したと伝わるため、立木観音と呼ばれる。 1902年に男体山の山津波で中禅寺湖に流されたが、3日後奇跡的に浮かび上がった。
3時間前

@NarazakeMiwa

【異類の会】 伝説研究の意義――赤城山男体山神戦伝説・俵藤太百足退治伝説を例に――: irui.zoku-sei.com/Entry/173/
3時間前

@hidetaka15

@gooddays1722 男体山の南側ルートもひたすら登りですけど、太郎山よりは整備されているから楽だと思います。 瑞牆山登ったのは3年前だけど、筋肉痛の記憶ないから、着実に脚力ダウンしているかも😢
4時間前

@nue0801

皇海山(すかいさん)は、標高2,144m 栃木県、群馬県の境界にあります。周辺は「足尾山地」の領域です。群馬県と栃木県の県境にあって、北に日光白根山、男体山、東に鉱毒で有名な足尾銅山、修行の山・庚申山を抱える皇海山は… nue-all.hatenablog.com/entry/2018/01/…
4時間前

@hottyomn

男体山初冠雪?
4時間前

@kurikuri_Zephyr

明智平ロープウェイ 中禅寺湖も華厳の滝も男体山一望😚
5時間前

@jpn_volcano

【大真名子火山群】(おおまなこ-) 《地域》栃木県日光 《活動期間》約50万年前〜 《岩石》安山岩 デイサイト 《解説》大真名子山、小真名子山、太郎山、山王帽子山、三岳からなる火山群。最新の三岳は1万5000年前より新しい。女峰・赤薙、男体山と共に男体・女峰火山群として一括。

男体山の関連動画

2018/11/18
茨城県_大子町_奥久慈男体山_20181110080219
2018/11/17
男体山ウォーキング from Hitachi-Ota Hi-Vision Diary
2018/11/15
男体山2018 登拝大祭
2018/11/14
茨城県_大子町_奥久慈男体山_20181107035103
2018/11/11
社山から見る男体山(ドローン空撮)Mt.Shazan Drone DJI Mavic pro 2018.11.10

男体山のQ&A

3ヶ月前
中学生の頃の夏休みの思い出を教えて!
中学生の頃の夏休みの思い出を教えて! おしトピ編集部から、みんなの疑問や雑談を質問します! -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* おしトピ編集部からの質問はこちら ..
6ヶ月前
山登り した事 ありますか? どんな 山? 何に 感動しましたか?
山登り した事 ありますか? どんな 山? 何に 感動しましたか?
9ヶ月前
宇都宮って知ってますか?知名度はどうでしょうか?
宇都宮って知ってますか? 知名度はどうでしょうか?
2年前
こんにちは 皆さんの好きな山を教えてください。 『山』で思い付く事を教えてください。
2年前
筑波山観光(登山)について
今まで、高尾山には何度か行ったことがあるのですが 筑波山には行ったことがありません。 すぐすぐ行く予定はないのですが、機会があれば行ってみたいです。 そこで筑波山のホームペ...
3年前
この写真の山、日光男体山でしょうか
東京・北区の南端 駒込近くの屋上から、早朝の写真です ほぼ真北です、近くの目印が写ってなくて確信がないのですが 左の山塊、中央、右の山、と別れてます どれかが日光男体山、そ...
5年前
筑波山に登る相談
14時40分宮脇駅でケーブルカーにのり14時48分山頂駅下車 そこから男体山山頂へ登って、女体山経由、おたつ石コースで つつじヶ丘バス停めざして徒歩で下山 17時00分発最終バスでつくばへ...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク