登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

祖母山 8700

祖母山 - 祖母山

祖母山(そぼさん)は、大分県と宮崎県の県境にある標高1,756mの山である。宮崎県の最高峰であり、日本百名山に選定されている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・祖母山のまとめ集

Twitter (#祖母山)

2時間前

@hdraoi

本屋寄ったら祖母山特集されてた雑誌あった
5時間前

@fukadakyuya_bot

@priestess46 たしかに祖母山は一瞥直ちに人を惹きつけるという際立った山容ではない。ケレンもなく、奇抜さもない。しかしその滋味はみつめるに従ってじっくりと来る、といった風の山である。こういう山は流行には乗らないが、不易の命を持っている。
9時間前

@Mucgh1Much999

3週間の旅を終え、松戸に帰ります!登った山は、伊吹山、大山、九重連山、祖母山、阿蘇山、開聞岳、霧島山、石鎚山、剣山、大峰山、大台ヶ原、恵那山、木曽駒ヶ岳。
12時間前

@pnutsmamezaru

【まめざる豆知識】志高湖伝説:美しい鶴見岳をめぐって由布岳と祖母山が争った。二つの山は大地を揺るがして争ったが、決着はつかず鶴見岳に選んでもらうこととなりました。鶴見岳は思案のすえ美男子の由布岳を選んだ。恋に破れた祖母山は、とめどなく流し続けた涙で鶴見岳の麓に志高湖を残した。
17時間前

@yamatenki

【九州】今週末、山に行くなら「九重山」「祖母山」「阿蘇山」「霧島山」「開聞岳」「宮之浦岳」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#10
24時間前

@allen0925sul

九州の祖母山ってとこはそれは美しいとこだけん実家には帰らんでよかけどここにはもっかい行きたか〜
1日前

@sugiyan500

今日はだいたいこんな感じでライハから阿蘇山登山口まで往復でした 明日は祖母山登山の前にもう一泊休もうかと思いましたが、 屋久島に行くのを早めたいので宮崎あたりまで走っちゃおうと思います

祖母山の関連動画

2018/10/15
2分でわかるGoogle Earthで日本百名山 -『祖母山』/ Google Earth in two minutes Japan 100 MT - Mount Sobo
2018/10/04
前障子~祖母山~傾山縦走part2
2018/10/03
前障子~祖母山~傾山縦走part1
2018/09/18
祖母山2
2018/09/18
祖母山

祖母山のQ&A

1年前
九州旅行行程、速い方を教えて 宮崎県高千穂峡真名井の滝付近から別府温泉に行きたいのです...
九州旅行行程、速い方を教えて 宮崎県高千穂峡真名井の滝付近から別府温泉に行きたいのですが、国道218号を通って東九州自動車道を使うルートは遠いでしょうか? グーグルマップの検索...
2年前
何で神社とお寺は山の麓にあるの?
何で神社とお寺は山の麓にあるの?
5年前
九州在住で高い山が好きな方はどうされていますか?
こんにちは! 中部地方に住む20代男です。 2ヶ月か先の事ですが、九州に転勤で引っ越すことになりました。 昔から少しは登ってたのですが、3年前ほどから本格的に登山を始めるようになり...
6年前
天女ケ原コース(大雪山)のトレッキングについて
6月末に、富良野・美瑛方面に3泊4日の旅をします。 天気がよければ、旭岳ロープウェイで姿見駅まで上り、姿見散策コースのトレッキングを楽しみたいと考えています。 下りですが、ロー...
7年前
富良野のような風景ありませんか
こんにちは。 私は先日、初めて北海道の美瑛に行き、その牧歌的で美しい景色に文字通り魅了されてしまいました。 もう、できるものなら四季折々、毎週のように訪れたいです! …ですが...
9年前
祖母山を神原から登られたことのある方に質問です
タクシーだと一合目駐車場まで行ってくれるらしいのですが、 (1). 一合目駐車場とは一の滝近くの駐車場のことですか? (2). 駐車場から登ると神原からの往復に比べどのくらい短縮できます...
9年前
高千穂観光
5月16-17日の1泊2日で、久留米から車で高千穂に行きます。 高千穂に行くのは、まったく初めてなので、絶対ここには行った方がいいとか、オススメ情報があれば、教えてください。 夕食朝...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク