登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

空木岳 8668

空木岳 - 空木岳

空木岳(うつぎだけ)は長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがる標高2,864 mの山。木曽駒ヶ岳山群以外では木曽山脈(中央アルプス)で最も標高の高い山であり、日本百名山に選定されている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・空木岳のまとめ集

空木岳の関連ブログ記事

5日前
DAY15 ~雲上のひとり旅~
・・・ていく 本日はロードを20km程なのでのんびり行こう 明日には中央アルプス突入で 本日は駒ヶ根インター越えた辺りで一泊と考えていました 昨夜宿泊の予約を入れるにあたり 空木岳登山口に一番近い駒ヶ..
6日前
アイゼンを 探して。
・・・あきらめよう。 ( ;∀;) (´;Д;`) ( ;∀;) うううう 日の出前には 下山した。塩見岳が輝いている。 今日は いい天気だ。でも風は強いようだ。 空木岳周辺は 雪が舞ってい..
3週前
『カニ食べいこう~』ツーリング!
・・・で時間を潰します ここは毎年来ています 恵那峡ワンダーランドは営業してるのでしょうか? 展望台へ・・・ 展望台からは御嶽山・木曽駒ヶ岳・空木岳と3000M級の山々..
4週前
信州・伊那谷の自然 WA⑳
・・・ 落ち葉を閉じ込めた氷 中央アルプス南駒 仙涯嶺2734m 南駒ヶ岳2841m 空木岳2864m ..
4週前
信州・伊那谷の自然 WA⑱
・・・ 中央アルプス 烏帽子ヶ岳2195m 15:26 仙涯嶺2734m 15:26 南駒ヶ岳2841m 15:27 空木岳2864m
2ヶ月前
2018.01.04 【木曽駒ヶ岳】
・・・Д`A ``` 山頂からの八ヶ岳 南アルプスの向こうに富士山が顔を出していた(*´∇`*) 南側の展望。宝剣岳、空木岳、南駒ヶ岳など中央ア..
2ヶ月前
2018 謹賀新年
・・・8 登りたい山リスト〉 大キレット 西穂~奥穂高 北岳 間ノ岳 農鳥岳 蓮華岳 北葛岳 餓鬼岳 蝶ヶ岳 雲ノ平 薬師ヶ岳 鷲羽岳 野口五郎岳 黒部五郎岳 水晶岳 焼岳 空木岳 恵那山 南木曽岳 ..

空木岳の関連動画

2018/02/13
空木岳の思い出映像 (2008.9.13-14) 日本百名山
2018/01/16
中央アルプス空木岳~宝剣岳 20141012 Google Earth ツアー
2018/01/03
中央アルプス空木岳・越百山・奥念丈岳 20131014 Google Earth ツアー
2017/10/15
2017/9/27 空木岳 池山尾根
2017/10/15
2017/9/27 空木岳 池山尾根

空木岳のQ&A

5年前
秋のアルプス登山された方
来月頭平日に、木曽駒ヶ岳と空木岳を二泊3日予定してます。 アルプスの紅葉を体験したくて。 若い内に高い山を登っておきたくて。 心配なのが、相当寒そうで、風や、雪が降ったらどう...
5年前
トレイルランて何処走るのですか。
自分の足で走るトレイルランとマウンテンバイクで走るトレイルランでは、走る場所が違うのですか。 どういう場所を走るのですか。
6年前
アルプスで岩場入門の山
来月、日帰り(前夜泊)の登山を予定しており、 アルプス(北、中央、南)の山のうち、 岩場経験のレベルアップにつながるような山を探しています。 メンバーは、昨年来、月に1回程度登山...
6年前
山登りのトレーニング
山登りのトレーニングについて教えてください。 どこからはじめたらいいですか。
7年前
私にオススメの山を紹介してください。
東海地方在住です。 今までに行った登山はすべて日帰りで、 1、木曽駒ヶ岳 2、西穂独標 3、立山(雄山) 4、御嶽山 5、唐松岳 6、北横岳 7、車山 8、仙丈ヶ岳 この順番で登山を..
7年前
新穂高起点の日帰り
昨年新穂高ロープウェイを利用し西穂独標まで行き、日帰り登山にはまりました。 その後は木曽駒ケ岳、御嶽山、唐松岳、立山雄山を日帰り登山してきました。 ご覧の通りレベル的には入...
7年前
八ヶ岳縦走する際の車の駐車場について
麦草峠⇒天狗岳⇒硫黄岳⇒赤岳⇒権現岳⇒編笠山の縦走を1泊2日(土日)で考えております。 名古屋在住のため、金曜日の夜に茅野まで車で移動し車中泊。 その後、朝一番のバスに乗り換えて...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク