登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

立山 8740

立山 - 立山

立山(たてやま)は日本の飛騨山脈(北アルプス)北部、立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称である。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。剱岳、鹿島槍ヶ岳とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・立山のまとめ集

立山の出演番組

2日後
学園BASARA 第11話[字]
12/14 1:28~1:58 [TBS(Ch.6)]
3日後
鉄路の旅 #40
12/14 23:30~0:00 [鉄道チャンネル(Ch.546)]

立山の関連ニュース

8ヶ月前
On the 'Roof of Japan,' an otherworldly 17-meter-deep snow corridor - CNN
On the 'Roof of Japan,' an otherworldly 17-meter-deep snow corridor    CNN Tateyama Kuro..

立山の関連動画

2018/12/11
立山三山縦走&雷鳥沢キャンプ【しみっちゃん】2017.08.27③
2018/12/11
立山雪壁絶景 上高地 合掌村 兼六園輕井澤採果雙溫泉五日
2018/12/11
立山連峰
2018/12/11
立山黒部アルペンルート ケーブルカーに乗り美女平駅から高原バスで弥陀ヶ原。
2018/12/11
立山BC 20181125

立山のQ&A

4週前
今の健康状態はいかがですか? 私は自律神経不調気味です。 体を司っている神経なのであちこ...
今の健康状態はいかがですか? 私は自律神経不調気味です。 体を司っている神経なのであちこち症状は出たりします このような日常生活は何とか自力で出来ていても何かしら不調の有る方...
12ヶ月前
この一年をまとめると、どんな年でしたか?
この一年をまとめると、どんな年でしたか?
1年前
女性の方に質問です。 私は50代で初めて、黒部立山に明日から行きます。 持参服装で、Tシャツ...
女性の方に質問です。 私は50代で初めて、黒部立山に明日から行きます。 持参服装で、Tシャツに上着。 下は、ジーンズ? ストレッチパンツ? タイツにショートパンツ?どれがいいのでしょ...
2年前
こんにちは 皆さんの好きな山を教えてください。 『山』で思い付く事を教えてください。
2年前
立山?部
立山?部的高原巴士,是否可在立山站乘車至 立山黒部的室堂(即大雪壁)? 另外在富山站有沒有高速巴士, 可直接到達立山?部的室堂?
2年前
もしかしてこれって心霊体験…?!と思った出来事ありますか?
もしかしてこれって心霊体験…?!と思った出来事ありますか? おしトピ編集部から、みんなの疑問やゆる〜い雑談を質問します! -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-..
3年前
発売されてまもないアルペン切符についておききします。 大阪市内から立山アルペンルート。...
発売されてまもないアルペン切符についておききします。 大阪市内から立山アルペンルート。 および宇奈月にいくのですが。 大阪から富山。 富山市内で一泊。 翌日,立山アルペンルート...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク