登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

羅臼岳 8738

羅臼岳 - 羅臼岳

羅臼岳(らうすだけ)は、北海道・知床半島にある火山群の主峰及び最高峰で標高1,661m。古くはアイヌ語でチャチャヌプリ、また良牛岳と記されたこともある。1964年(昭和39年)6月1日に知床国立公園に指定され、2005年7月にこの山域を含む知床半島が知床 (世界遺産)に正式登録された。日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている山である。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・羅臼岳のまとめ集

Twitter (#羅臼岳)

1時間前

@MeguroZ97

@7ma8geRider 羅臼岳で撮ったお気に入りの 一枚を描いて貰いました ここまで描いて貰えるとは 思いませんでした 素敵過ぎます😁
8時間前

@anthonyamashita

羅臼岳(2)。知床・羅臼にて。 2012年10月。 ブログもご覧ください。 ⇒p.tl/9Urz
12時間前

@ShiretokoNF_R

おはようございます。羅臼ビジターセンターです。本日の天気は晴れ、気温は−1℃です。昨日の吹雪から一転、晴天となっております。羅臼岳が綺麗に見えていますよ〜
14時間前

@brigade0

北海道『知床峠』 知床半島を横切っており、知床横断道路と呼ばれる 世界遺産「知床」や道東の広域観光道路として利用されている 峠からの眺めは知床八景の1つに選ばれており、羅臼岳やハイマツの樹海、天候が良ければ北方領土国後島も望む… twitter.com/i/web/status/1…
15時間前

@yamatenki

【北海道】今週末、山に行くなら「羅臼岳」「斜里岳」、土曜日なら「利尻岳」「阿寒岳」「トムラウシ」「幌尻岳」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#1
1日前

@anthonyamashita

羅臼岳(1)。知床・羅臼にて。 2012年10月。 ブログもご覧ください。 ⇒p.tl/9Urz
1日前

@Area_Express1b

【今、人気です!】 羅臼町のNEWS&地域情報サイトを総まとめ! おすすめはこちら 知床国立公園・羅臼温泉・熊の湯・羅臼国後展望塔・羅臼港・羅臼岳・クジラの見える丘公園 http://www.北海道の情報を総まとめ.com/p/nemuro_12.html

羅臼岳の関連動画

2018/12/03
世界遺産知床 羅臼岳
2018/11/29
2018バイク羅臼岳
2018/11/29
20180929登山 羅臼岳
2018/11/16
【ゆっくり実況】 羅臼岳のマインクラフト #10 【震魔たちのマイクラシリーズ】
2018/11/06
ヒグマだよ!軽トラハウスで行く【北海道の山旅】羅臼岳

羅臼岳のQ&A

1年前
知床での旅行プラン
9月上旬に4泊5日で知床に泊まります。 1日目…夕方女満別空港着 レンタカーで知床村へ 2日目…知床観光 知床岬のクルーズや知床5湖のトレッキングを考えていますが、おすすめのルート ...
1年前
登山するなら
日本で登ってみたい山を挙げるなら どの山を挙げますか! 富士山ですか?
4年前
根室から北方領土を眺めて
今年の4月にふと北海道に行きたくなって根室に寄った際 見た北方領土の方角なのですが 画像検索などで(1)の山が形から爺爺岳らしいのは分かったのですが その右に見える(2)の山らしきも...
6年前
北海道の山
来年の夏に北海道に登山に行きます。 これからイロイロ調べるのですが、気軽にチョット情報お願いします。 関東周辺や北アルプスあたりや東北も登っています。 そこで北海道で登山す...
6年前
火山
日本の主な火山を教えてください あとその火山がどこにあるかも教えてください
7年前
貴方の故郷の大好きな富士山は?
お国(故郷)自慢の富士山を思いっきり褒め称え紹介ください! 日本一の山と言えば富士山ですが・・・ 全国各地には、○○富士・△△富士が数多とあります。 そこで、おらが国(ふるさと)...
7年前
北海道のお奨め登山コース
今年の夏 予定外の長期休みになるので北海道登山旅行(単独)を車(+自転車搭載)でします。 北海道の山は初めてです。 関東在住で北ア、南ア、八、秩父、丹沢、谷川、飯豊など大体歩きま...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク