登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

聖岳 8693

聖岳 - 聖岳

聖岳(ひじりだけ)は、赤石山脈(南アルプス)南部の静岡市葵区と長野県飯田市の境界に位置する標高3,013 mの山である。日本百名山に選定されている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・聖岳のまとめ集

Twitter (#聖岳)

10時間前

@yamatenki

【南アルプス】土日に両方晴れの山はなさそうです。土曜日なら「甲斐駒ヶ岳」「仙丈岳」「鳳凰山」「北岳」「間ノ岳」「塩見岳」「悪沢岳」「赤石岳」「聖岳」「光岳」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#8
14時間前

@twittenhiro

[NHK総合1・大津(Ch.1)]-美しき日本の山々「開聞岳、聖岳、鳥海山」 ※一部地域は放送休止201811191542561363
14時間前

@twittenhiro

[NHK総合1・大津(Ch.1)]-美しき日本の山々「開聞岳、聖岳、鳥海山」 ※一部地域は放送休止201811191542561267
15時間前

@seisatorec

●録画終了:NHK総合1・東京 2018/11/19 0:42 ~ 1:42 録画終了 Drops:0 Scrambles:0 美しき日本の山々「開聞岳、聖岳、鳥海山」 ※一部地域は放送休止
15時間前

@baru_baroi

美しき日本の山々で聖岳やってる。よい。調べたら3000mで泊まり必須かー。気持ち良さそう。
15時間前

@mk2_carbon

聖岳
16時間前

@seisatorec

●録画開始:NHK総合1・東京 2018/11/19 0:42 ~ 1:42 美しき日本の山々「開聞岳、聖岳、鳥海山」 ※一部地域は放送休止

聖岳の関連動画

2018/11/18
余は満足じゃ「聖岳〜赤石岳周回」冬期登山
2018/10/25
南アルプス聖岳に昇る満月
2018/10/23
【南アルプス】 絶景の光岳から聖岳へ。Day2 #登山 #ぼくのなつやすみ #14
2018/10/11
南アルプス 聖岳 2018/10/07 16:30
2018/09/16
聖岳#3ピンク色リュックの記憶

聖岳のQ&A

3ヶ月前
みんなの好きな漫画おしえてー!
みんなの好きな漫画おしえてー!
7ヶ月前
南アルプス登山
南アルプスへの登山を検討しています。 都内からアクセス(マイカーはありません)が便利で、テント泊ができるおすすめの場所がありましたら教えてください!
2年前
自作で新ドラマを作ってみましたが、いかがでしょうか?
新設日テレ系金曜19時ドラマ(金ドラ19!) 偉人の料理人[字][デ] 【ストーリー】 「俺らが偉人たちが愛した料理を作り上げるぜ!」 発見された古文書を元に偉人の時代の伝説の料理を再現す....
4年前
南アルプス縦走の装備について
大学の部活で8月上旬に南アルプスの縦走に以下の 一日目:広河原〜白根御池小屋 二日目:白根御池小屋〜北岳〜間ノ岳〜三峰岳〜熊ノ平小屋 三日目:熊ノ平小屋〜塩見岳西峰〜三伏峠小屋 ...
4年前
なぜ北アルプスなの?
北アルプスの奥穂高岳より北岳の方が標高は高いし、 3000m以上の山も南アルプスの方が多いです。 にもかかわらず、一般登山家は北アルプスを目指します 何故なのでしょうか?
6年前
最近観て面白い映画がありましたら教えてください。
こんにちは。 今週末にでもレンタル店を覗いてみようか・・・ そう考えております。 以前、どなたかに紹介していただいた「最強の二人」、 この映画を借りて観てみたい・・・。 アク...
6年前
中世西洋を舞台にした本を探しています
読み物として、中世西洋、ルネサンス期を舞台にした本を探しています。 漫画、小説、学術書など面白ければ問いません。 ただ、塩野七生氏は相性が合わないようで、数年かけて何度もよ...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク