登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

赤石岳 8697

赤石岳 - 赤石岳

赤石岳(あかいしだけ)は赤石山脈の長野県と静岡県にまたがる標高3,121 mの山である。南アルプス国立公園内にあり、日本百名山及び新日本百名山に選定されている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・赤石岳のまとめ集

赤石岳の関連ブログ記事

21時間前
KING OF GRANITE :甲斐駒ヶ岳 IN 2018【 ・・・
・・・れらの名峰を縦走する際には北東端の駒ヶ岳神社登山口から黒戸尾根を登り甲斐駒ヶ岳に立ち、北沢峠を経て仙丈ヶ岳へ。仙塩尾根をつたい間ノ岳、北岳へ。そしてさらに南方の塩見岳、赤石岳、聖岳への大縦走は、..
4日前
夏休み南アルプス大縦走(塩見~北岳) #7 北岳山荘テント泊
・・・りから、周りのガスがすっかり抜けてとても見晴がよくなってきました。南アルプスの南側(中核部)の山々もかなり見えています。塩見岳がとても存在感があります。奥には荒川三山、赤石岳、聖岳と見えています..
4日前
2018年長期縦走 9/5~13
・・・山。我々からすれば丘に過ぎないただの通り道。だがここの景色は本当に素晴らしかった。 部長も思わずこの表情。 これから我々を待ち受ける山々がずっしりとそこに鎮座している。赤石岳のラスボス感がすごい..
1週前
「甲斐の白根」の文学(後)
・・・れた一日、その駿河の「手ごしをすぎ」たあたりまで、山を見に行ったことがある。富士山の西側を通して遥か遠く白銀に光る山を眺めた。しかしそれは北岳ではなかった。もっと手前の赤石岳や悪沢岳であった。 ..
1週前
赤石岳&荒川三山【南アルプス】2018.07.10-1・・・
最後の最後に。。。! ■日時:2018年7月10日(火)~13日(金) ■山名:赤石岳&荒川三山2,926m(南アルプス) ■目的:聖から見えてた反対側の景色と、お花畑 *****..
2週前
夏合宿2班3.4.5日目
・・・当していきます~ 合宿はドキドキワクワクで楽しいですけど家は家で落ち着いていいですよね…🌝 ~3日目~ はい❗️というわけで3日目❗️ 2日目の百間洞山の家を出発して赤石岳を目指します~ この日..
3週前
☆山リスト☆(編集中)
・・・ 2012.08 槍ヶ岳にて 2012年山リスト 2013年山リスト 2010.08 赤石岳にて ..

赤石岳の関連動画

2018/08/27
P1060632赤石岳からの眺め
2018/08/24
赤石岳登山!南アルプス南部3泊4日テント泊縦走!
2018/08/24
47. 赤石岳 -南アルプス南部4座縦走ー 180813~19 カブ三郎と行く日本百名山の旅
2018/08/23
南アルプス赤石岳下、大聖寺平周辺
2018/08/18
南アルプス 赤石岳・悪沢岳登頂 ー 埼玉県日高市

赤石岳のQ&A

5ヶ月前
南アルプス登山
南アルプスへの登山を検討しています。 都内からアクセス(マイカーはありません)が便利で、テント泊ができるおすすめの場所がありましたら教えてください!
4年前
南アルプス縦走の装備について
大学の部活で8月上旬に南アルプスの縦走に以下の 一日目:広河原〜白根御池小屋 二日目:白根御池小屋〜北岳〜間ノ岳〜三峰岳〜熊ノ平小屋 三日目:熊ノ平小屋〜塩見岳西峰〜三伏峠小屋 ...
4年前
なぜ北アルプスなの?
北アルプスの奥穂高岳より北岳の方が標高は高いし、 3000m以上の山も南アルプスの方が多いです。 にもかかわらず、一般登山家は北アルプスを目指します 何故なのでしょうか?
5年前
至急!!早稲田政経か慶應法か
今も寝れずに悩んでます。 今日、3月3日に入学金を振込む予定なのですが、未だに早稲田政経と慶應法で迷ってます。 サンデー毎日とかのW合格進学先では、早稲田政経と慶應法なら、ほぼ...
7年前
南アルプス山頂からの眺めは?
本日、埼玉の川越の荒川河川敷からは、山がきれいに見えました。 いつもなら、雪のない秩父の山が見えていて、天気がよければ、さらにその向こうに屏風のように雪の山が見えます。 と...
7年前
富士山について
簡単な事なのですが、確認したくて。 すみません。 知り合いが「富士山は1つの山じゃなくて連峰なんだね。 正しくは立山連峰みたいに富士連峰みたいなもんで、 大きな山がどーんと1つ...
7年前
空から撮った井川ダムに近い場所の山の写真
以前に航空機の窓から撮った山の写真がどこの山が知りたくて。 添付写真は航空機の窓から撮った山の写真です。 前後に撮った、場所がわかっている写真との撮影時刻の関係から見て静岡...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク