登山(日本の山)のまとめ集

登山(日本の山)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

高妻山 8681

高妻山 - 高妻山

高妻山(たかつまやま)は、新潟県妙高市と長野県長野市に跨る標高2,353mの山。戸隠連峰の最高峰で戸隠裏山の一峰。日本百名山のひとつ。別名「戸隠富士」。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・高妻山のまとめ集

Twitter (#高妻山)

9時間前

@yamatenki

【上信越】土日に両方晴れの山はなさそうです。土曜日なら「谷川岳」「雨飾山」「苗場山」「高妻山」「草津白根山」「四阿山」「浅間山」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#4
10時間前

@KoMBuqOVANTrbff

@mt_qt この山も良い山でした・・・記憶がよみがえりました・・この後・戸隠山・高妻山GO///でした・・・
20時間前

@adsl24m

来週末は、3…4連休か? うーむ、雪が少ないなら天気次第でいい加減、苗場、高妻山、越後駒いきてぇ… ダメそうなら、木曽駒~空木岳1泊二日コースか…? まぁ、天候と状況次第だけども。。。
23時間前

@mountainwebsit

高妻山(2018.9.24) blog.livedoor.jp/yamalist/archi…
1日前

@yamatenki

【上信越】今日は「魚沼駒ケ岳」「平ヶ岳」「巻機山」「谷川岳」「雨飾山」「苗場山」「妙高山」「火打山」「高妻山」「草津白根山」「四阿山」「浅間山」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#4
2日前

@fukadakyuya_bot

高妻山「立連なった戸隠表山の端に、一きわ高く峰頭をもたげている高妻山、その脇にかしずくようにつつましく控えている乙妻山。白馬連峰から、志賀高原から、頸城の山々から、いつも遠く眺めて見倦きない山であった。」
2日前

@yamatenki

【上信越】今週末、山に行くなら「四阿山」「浅間山」、土曜日なら「谷川岳」「草津白根山」、日曜日なら「魚沼駒ケ岳」「平ヶ岳」「巻機山」「雨飾山」「苗場山」「妙高山」「火打山」「高妻山」の天気が良いようです。 t.l0g.jp/#4

高妻山の関連動画

2018/11/09
Mt.Takatsuma 高妻山 2018/06/27 Wed. 🌧️
2018/11/05
高妻山
2018/11/04
★4K【高妻山登山】一不動・大洞沢ル-ト。高妻山(標高2,353m)登頂記。
2018/10/15
大平信夫、百名山59座目、高妻山雲海、
2018/10/08
2018 10 08 戸隠銚子口から高妻山方面 ジンバル設定改2回目

高妻山のQ&A

6年前
どんな所でしょうか?
岡山県の西部に矢掛町という町が有ります。 どんな所でしょうか? 又、私の母が戦時中、矢掛の映画館で「海軍」という映画を見たと話しています。 現在、矢掛町には映画館が有るのでし...
10年前
ゴールデンウィークのトレッキング
ネットで調べたのですが、いい情報が得られなかったのでご存知の方、教えて下さい。 5/2に、金沢を出発し、清里に向かいます。 途中、トレッキングや、景観の良い山の写真を撮りたいと...
13年前
ソフトテニス指導者の為のオススメの本
ソフトテニスを指導する側の良い本等がございましたら、ご教授ください。 お願いいたします。
16年前
長野で山登り
8月後半に彼と二人で長野への旅行を考えています。 あまりハードではない登山で(初心者でも大丈夫な場所、疲れるのは構いませんが危険ではないという意味です)、頂上はとても見晴らし...

登山(日本の山)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

登山(日本の山)について

登山(とざん)とは、山に登ること。

古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。

西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク